CFRPの概要

CFRPの概要

材料として、CFRPは軽量で強いことから今後需要が拡大することは必至である。

 但し、鉄やアルミのように切削が容易でなく、切粉の処理も含め、加工にはまだまだ開発・改良・改善をしなくてはならない課題も多く、工具も高価なものを使用しなければ生産性が上がらないことから、CFRPの加工が、鉄素材同等価格の工具で、環境にも優れた物が製品化となれば、国の考えとも合致し、飛躍的にCFRPの使用が広がる事は明らかである。

 

CFRPの使用は、航空機にとって、燃料費が抑制され、炭酸ガス削減につながる重要な要素であり、アルミなどの金属に比べ軽量で強度のあるCFRPは、益々使用範囲が広がっていくものと予想できる。

開発ドリル工具により、複合材加工の設備投資・設備維持の費用、環境面からも従来の工具より優位に立つことができれば、今後航空機の発展にも寄与できるものである。

Copyright(c) 2015 UFTEC All Rights Reserved.
Top