CFRPの優位性

CFRPの優位性

ユーザーである日本の最先端を行く企業の、三菱重工㈱・川崎重工㈱の求めている工具のため、CFRPの需要が高まるのは必至である。

 CFRPの普及に加速がついていない現在に試作を納品することは、ニーズに応えることであり、試作担当部署から大いに期待されている。

 個人事業からスタートし、法人成りしてからも、同業大手の嫌がる小ロット・多品種・短納期商品の開発、製作に取組み、隙間をついた商品を受注、製作してきたことが評価となり現在に至ることから、今後も方針を変えず、一本のドリルの開発・製作を進めていくことで優位性を持続させる。

技術面では、まだ高価だが高い切削性能を持つ、当社開発のドリル工具がユーザーから高い評価を得ていることが挙げられる。

Copyright(c) 2015 UFTEC All Rights Reserved.
Top