CFRPの背景

CFRPの背景

航空機用を始め輸送機器用の材料として、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)が注目されている。

CFRPは、他の主要構造材料と比べ、比重が小さく、比強度、比弾性率が高く、最も軽く、高剛性、高強度な特長をもっている。

地球温暖化対策として、航空機や輸送機器において、軽量化による燃費の向上が進められているが、特にCFRPの採用の検討が増えており採用例が出ている。

航空機の構造材料は長年アルミニウム合金が主体であったが、強度があり軽量でもあるCFRPの採用は、炭酸ガス削減の観点からも今後大いに採用の拡大が予想され期待されている。

加工の用途としては、航空機の胴体、翼、それらを補強するビーム材のトリム加工、孔あけ加工が主要なものである。

 

CFRPは、引張り強度は大きいが、圧縮強度は大きくないことなどを更に研究し、従来のアルミニウム合金加工に比べ、工具が高価で寿命が短いという大きな問題を解決するためにも、ドリル工具開発は急務となる。

Copyright(c) 2015 UFTEC All Rights Reserved.
Top