CFRPとは?

CFRPとは?

我社はこのCFRPと呼ばれる新素材への加工技術に取り組んでおります。 今最も注目されているCFRPに関してご案内致します。

CFRPの背景

航空機用を始め輸送機器用の材料として、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)が注目されている。 CFRPは、他の主要構造材料と比べ、比重が小さく、比強度、比弾性率が高く、最も軽く、高剛性、高強度な特長をもっている。

詳しく見る

CFRPの目的

CFRPが構造材として主流になっていくことは必至であるが、CFRPの使用拡大のネックとなっている工具が高価で寿命が短いといった大きな課題がある。 また、航空機の構造材として使用する場合、剛性以外に厳しい基準精度が要求されるため、当然機械加工が必要となり、その中でも重要な一つであるドリル工具の開発は不可欠となることから…

詳しく見る

CFRPの優位性

ユーザーである日本の最先端を行く企業の、三菱重工㈱・川崎重工㈱の求めている工具のため、CFRPの需要が高まるのは必至である。 CFRPの普及に加速がついていない現在に試作を納品することは、ニーズに応えることであり、試作担当部署から大いに期待されている。

詳しく見る

CFRPの概要

材料として、CFRPは軽量で強いことから今後需要が拡大することは必至である。 但し、鉄やアルミのように切削が容易でなく、切粉の処理も含め、加工にはまだまだ開発・改良・改善をしなくてはならない課題も多く、工具も高価なものを使用しなければ生産性が上がらないことから、CFRPの加工が…

詳しく見る

CFRPの市場

日本製航空機MRJを始めとし、新材料CFRPの採用を進めている航空機分野は、今後メイ ンテナンスなどのサービス産業も新たに生まれ、新工具の需要は、ますます拡大される。 今後、コスト低減に努め、従来工具並みの価格に到達すれば、自動車を筆頭に他の輸送機器分野でも、CFRPの採用に拍車がかかると予想される。

詳しく見る

CFRPの成果

高価な工具であれば、切削力に問題がない製品が確立しており、最重要目的でもある工具の価格低減については、開発に向けた知識力・解析力・技術力を有していることから、8か月という期間で完成…

詳しく見る

Copyright(c) 2015 UFTEC All Rights Reserved.
Top